R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

背中の痛みとの戦いは今後も続きます

ガンによる背部通ではなかった

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中2程度

      喉    10段階中0程度

      首筋   10段階中0程度

あけましておめでとうございます。

 

12月27日に肺がんなのだわかると前回のブログで書きました。

その結果がわかりました。

癌ではありませんでした!!

27日がどんな一日だったのか振り返ってみます。

27日

0〜1時   kindleにて癌患者の本を1冊読破

5時     起床し前回のブログを打ち込む

7時     通常通り仕事開始

7時30分  上司に朝一番でCTを撮ることになったことを報告

8時30分  CT撮影

9時     通常通りリハ開始

12時30分 主治医よりCT結果について

 

今回、肺CTを撮るように指示をくれたDrが内科のトップである為、

通常より緊張が強く癌は宣告されてすぐ死ぬ訳ではないと知っているにも関わらず

気分は処刑台に立たされた人間の感覚で診察室に入りました。

Dr「それでは朝撮ったCTを見ていきましょう」

私「はい、よろしくお願いします」

Dr「影が映ったのは左肺ですから・・・」

 「心臓の横にありますね。これは結核でもなく・・・

  どうやら前回のレントゲンから今回のレントゲンを撮影した期間内に

  何らかの急性炎症が起こりそれが終わりを迎えているようですね。

  この後は今後消えるが、少し残るかですね」

私「ありがとうございます」

Dr「私の診断は炎症痕だと思うんですけど、放科のレポートはどうでしょうか?」

 「・・・。うん私と同じ診断ですね。今回は大丈夫でしょう。

  今後も定期的な検査はしてくださいね」

私「はい、ありがとうございました」

 

という形で私の恐れていた結果ではありませんでしたが、

炎症があったとは全く自覚症状はありませんでした。

なので、レントゲンの白く映る範囲が広がっている、濃くなっていても

すぐに肺がんだと考えず、CTで精査する必要はあるようです。

 

今回のおかげで検査の大切さを強く感じましたし

肺の大切さを非常に感じました。

何よりも自分は何が一番大切なのか確実に実感することができた

非常に貴重な体験をしました。

肺癌で転移レベルであれば1年もつかわからない・・・と考えた瞬間から

脳裏をよぎったのは「子供達」のことでした。

結婚する前であれば「あれも、これもできていない」と嘆き自分の命がなくなることに悲観する自分がいたと思いますが、今はそれがなく子供たちの成長する姿が見れない、

自分が支える役目ができなくなるかもしれないという悔しさが強かったです。後はやはり経済的なことですね。

今後自分の揺るがない軸は「家族との幸せな生活」であり

それを維持するためには

・良き父であること

・経済的自立

・治療技術の向上

・向上心を持ち続ける

・社会貢献

などなどですね、ではそのために何をしていけば良いのか具体的に次回は考えていく必要があるようです、さらにこのブログテーマである「背中の痛みを取る」の対策は

今後も考えていく必要があります。

現時点では仕事をしなければ背中の痛みが軽減することはわかっているんですが、

現金を得るため・社会貢献するためには体を使う必要があります。また、体を動かし治療するため体力も必要です。これを維持するために何が必要かこれからもトレーニング方法を検討する必要があります。

頑張ります!!

背中の痛みの原因が本日わかるかもしれません。

背中の痛みの箇所と医師の読影が一致・・・。

痛みの箇所:右足関節 10段階中0程度

      左側背中 10段階中2程度

      喉    10段階中0程度

      首筋   10段階中0程度

上記のように扁桃腺切除の疼痛は問題なく緩和していますが、

今回ブログのテーマである、

「背中の痛みとってやるからな!」

の原因がわかるかもしれません。

12月25日は私の誕生日でした。

クリスマスのせいか同僚も仕事を無難に終え夕方を迎えていた時です。

私の部署に一本の電話がありました。

内容は肺レントゲンを内科医が読影していたとき

左肺S6S10の部分の白い影が前回レントゲンより拡大している可能性があるとのこと

S6.10の領域は丁度いい位置に心臓が来ているので見落としがちな場所だそうです。

 

その領域をレントゲンで確認した瞬間

自分の頭に鈍器で叩かれたような衝撃が走りました。

その領域はまさしくこのブログを始めるにあたった背部痛の場所なのです・・・。

真っ先に頭によぎったことは

「しまった!背部痛=悪性腫瘍を予測せず、すべて運動器疾患で考えてしまった!」

「しまった!昨年から背中はすでに痛い!!これが肺がんであれば神経を圧迫、もしくは細胞を侵襲しているレベル・・・。ステージ2悪くて3・・・」

そして昨日は内科医より27日の朝一番でCTを撮る・・・。

レントゲンで変化があれば今までストレッチや運動療法で緩和しようとしていた

背部痛は悪性腫瘍による疼痛だったということになります・・・。

さすがに昨日の仕事はメンタル的にしんどいものがありましたが

常に頭をよぎるのは「子供達のこと」しか出て来ません・・・。

まだ、5、3、1歳・・・。

肺がんは死因率は高くステージ2であれば5年生存率は50%だったような・・・。子供達の成長が自分の人生の最大の生きがいだったのに・・・。厳しいな・・・。などマイナスなことを考える時間が多かったです。

しかし、CTを取りさらに腫瘍があったとしても生検に出さないと良性・悪性かわからないので本日のCTを確認しない限りどうしようもないと思いながら、心を落ち着かせる為にブログを書いています。

 

痛みをテーマにこの半年間頑張って来た結果「木を見て森を見ず」のように

「運動器だけで考え内科など様々な視点で物事を評価しなかったバチが当たった」のかもしれません・・・。先日整形外科医が呟いていた「自分たちは運動器で診断してしまうから内科のDrからお叱りを受けた。それからCTは必ずチェックするようにしている」との言葉が胸に突き刺さりました・・。

 

今日一日仕事が詰まっていますが、診断は昼に受けることになっています。

キューブラー・ロスだったな、「障害受容段階」は国家試験で勉強したなー。

医療人なのでショック期は少ないかもしれないが、常に「最悪」な状態を予想・予測しながら行動する自分がいる。ニーチェ・カント・アドラーストア哲学の本がずっと好きだったのはこういった最悪な状況がいつ来ても耐えれる精神が欲しかったのでいつも読んでいたはず。果たして「今を生きる」「利他の精神」「ありがとう」を変わらず実施できるだろうか・・・。

 

 

 

術後12日目 その他勉強会のまとめ

大抵のものがゆっくりと食べれるようになった

痛みの箇所:右足関節 10段階中0程度

      左側背中 10段階中2程度

      喉    10段階中3程度

      首筋   10段階中0程度

      頭ズキズキ

まだ、つばを飲むと喉のところが痛みますが、仕事は普通にしています。

ポンタールも使用回数が軽減し、食事で使用する事がなくなって来ました。

なんとなく胃に違和感が出るので服薬は少しずつ減らしたいという気持ちもあったようです。

鎮痛に関して「ノルスパンテープ」を上腕二頭筋に使用して疼痛管理している方がいたので、少しおさらいを

・ノルスパンテープは非オピオイド鎮痛剤で治療困難な変形性関節症及び腰痛症に伴う慢性疼痛の鎮痛に適応されるオピオイド鎮痛剤。

オピオイド鎮痛剤とは

f:id:pannchikun:20171220045428j:plain

・脊髄後角に作用し、シナプス前の一次感覚神経終末からの神経伝達物質遊離を抑制すると共に、シナプス後の脊髄後角神経活動を抑制し、興奮伝達を抑制する。

・中脳水道周囲灰白質、延髄網様体細胞に働き、脊髄への下降性抑制系の活動を促進。

・大脳皮質や視床等の上位中枢に作用して痛覚情報伝達を抑制。

 

勉強会ではノルスパンテープは保険外と聞いた覚えがあり負担は800円ほどあるよう。なかなか使う事が難しい印象だ。

 

最近ものが多く部屋がごちゃごちゃするので、

勉強会資料などもスマホで写メしてデータとして入れていくようにしよう。

術後4日目

喉の痛みは結構ある

痛みの箇所:右足関節 10段階中0程度

      左側背中 10段階中1程度

      喉    10段階中4程度

      首筋   10段階中1程度

      頭ズキズキ

6:00 起床 喉の痛みは少しずつの回復ですね。痛みあります。

7:00 朝食 ご飯が修行となっています。

f:id:pannchikun:20171213064619j:plain

おかゆがなかなか量多いです。そもそも、自分は昼とか糖質制限していてこれだけ白米を3食食べた経験は久々でした。

8:00 日光浴

9:00 読書インベスターZを読み自分もリスクを回避しなが、新しい未来へ投資したいと思い、1万人リストラしている東京三菱UFJ,水素関連だと思い購入していた日立造船、kitz株を全て売却し、自動運転のアイサンテクノロジー株購入しました。将来的には自動運転で老後になっても地方の方がタクシー予約に時間を取られることや、免許を返納して外へ自由に出れなくなったお年寄りが自動運転で自由に移動して地域が活性化していただければいいと思っています。アイサンテクノロジー頑張れ!!

12:00 昼食

f:id:pannchikun:20171213070324j:plain

結構量がありヘビーでした。バナナとか1本食べるのも一苦労・・・。

13:00 起きているだけでも疲労は溜まるらしく昼寝。

14:00 入院している人たちはみんな静かですが、特に定年後の入院している人々は特にこれといってやることがなくジーっと静かにしている人が多く感じます。病院では何を楽しめばいいのでしょうか?自分の場合はとにかく痛みが軽減してくれればいいのでさっさと自宅に退院したいです。おかげさまで退院日を1日早くしてもらいました。

15:00 実家に預けていた息子たちが帰って来ました。6日間離れていましたので、次男はなんとも嬉しそうに飛びついて来ました。(かわいい!!)長男は5歳ですが「パパ大丈夫?痛くない?」と一丁前にお見舞い言葉(笑)成長したなーと思います。息子2人も扁桃腺肥大ですが、この手術は結構痛いので、感染症や無呼吸が生じた時にオペにしようと考えました。

16:00 またまたインベスターZの読書 わからないことがあればネットで調べて読むので中々時間がかかります。

16:30 シャワーもう点滴もないのでスムーズに入れます。シャンプー&リンスは置いてありましたが、自分の持ち込みのものを使用しました。

18:00 夕食

f:id:pannchikun:20171213071530j:plain

この長芋のおかか和えがつるっと行けると思いきや喉にかなりしみました。夕食はかなり喉への負担が多く飲みが辛かったです。口の中がとにかく痛い。

22:00就寝 

 

 

術後3日目ですが話の内容はRPA(笑)

痛みの箇所:右足関節 10段階中0程度

      左側背中 10段階中1程度

      喉    10段階中4程度

      首筋   10段階中2程度

      頭ズキズキ

6:30 起床 夜間ポンタールをお願いして飲む必要はありませんでした。術後3日もすでにたったのかと振り返るとあっという間でした。この日から劇的に変化があります。解熱が完全になされたことで、倦怠感がかなり改善し、痛みどめでさらに喉の痛みが緩和していればまさに普段通りの機能を引き出せるような印象。

さらに驚きなのが、右足の痛みがなく 背中の痛みも緩和しているのです。確実に歩行量は不足し一日の運動量は少ない状況ですが、背中の疼痛は緩和しています!!

もう一度自分に言い聞かせます、

足首の痛み、

背中の痛みが取れています!!

おいおい・・・。

今回は扁桃腺肥大・無呼吸症候群・扁桃炎が続くのでオペに踏み切り、転職から9年経過して散々悩まされていた足関節・背部疼痛が12月7日(木)8日(金)9日(土)

10日(日)11日(月)のこの5日間の安静期間により日常業務の体の負担が軽減し疼痛か緩和したのでしょうか?

ここで注意しなければいけないのは術後使用していた、抗生剤や唯一痛み止めとして一日三回服用していた「ポンタール」について考えなければいけません。

抗生剤は8・9・10と入っていました。「セファゾリン」が入っていましたので、

効能を確認:「セファロスポリン系の抗生物質で、細菌の細胞壁合成を阻害することにより、殺菌的な抗菌作用を示します。通常、血液感染症、皮膚感染症、呼吸器感染症、尿路感染症、胆道感染症、婦人科感染症耳鼻咽喉科感染症など広い範囲の感染症の治療に使用されます。」

と表記されていましたが、他にも関節炎にも効果ありとも・・・。関節炎も仕事で体を回旋させながら治療する方法では足関節に捻れが生じ微細ながら血管内皮細胞や細胞膜リン脂質に損傷が出ているはずです。セファゾリンが多少そこで働くのでしょうか?なんとも想像の世界になってしまいます。誰か知っている人がいましたら、教えてください。

さらに「ポンタール」ですが、メフェナム酸の作用がありNSAIDsだそうです。などでcox2の働きを抑えブラジキニンの産生を抑制しています。以前EVEを服薬した際も足関節・背部痛が消失したので、効果があったことを覚えています。なので現在の疼痛緩和は一概に療養したので体が治ったのではなく、薬による鎮静効果もあったことがわかります。NSAIDsは胃をどうしても荒らすので、代々胃がん家系の(ピロリ菌検査では90%以上の確率でいないことがわかりましたが)人間なので、胃を荒らすことはご法度です。なるべく常用しないようにしていきたいと思います。なので、胃に負担が少ないという「サインバルタ」のような下降性疼痛抑制系神経の活性化を促す薬が使用してみたいと思いますが・・・。しかし、薬ですから副作用はありそうですね。その副作用と値段に対抗すべく方法は徒手療法ですが、どうしても「一子相伝」のような流れがありこの人ではないとうまく効果を発揮できないという世界がまだまだ色濃く残っています。その背景にはその治療者の頭には数千・数万という経験が蓄積されており瞬時に何が問題なのか頭の中でイメージしその治療対象箇所を的確に操作し関節を動かし、関節内の流体運動(ルブリケイション)を促し、筋出力を出しやすくし、抵抗運動をその関節のモーメントに対し必要な66%(筋力増強に必要な量)の出力を引き出すように訓練し歩行に必要な1/100の反応をType2繊維に働きかけ・バランス・歩行訓練・持久力強化を高めていけるのだと思います。しかし我々凡人はその数千以上の経験知識がない状況で治療の「型」剣道で言えば面の打ち方だけを伝授されてもやはりとっさの対応力・反応が遅くなりますし、評価ができていないので的外れな場所を治療する可能性があります。しかし、膨大な記憶・経験量をそのまま引き継ぐ盗むのはかなり困難なことではあります。それよりもホリエモンの寿司修行のように数ヶ月技を鍛錬させた寿司職人の出す寿司が10年以上修行を積んだ大将の握った寿司と同じレベルの味だった例と同じく私たちの徒手療法も関節を捉え・動かす動作に10年療法士と3ヶ月訓練した療法士とそれほど大差はつかないと思います。なので、「関節を動かす」、「うまい寿司を提供する」の条件が同じで同じ決まった物・箇所(関節)であれば10年と3ヶ月と差はないはずです。でな何が違うのかというとやはり脳に詰まった情報でしょうか、その情報もAというパターンの体が来たらA1で治療しA1治療効果が少なければB1とチャートの流れが自然にできる構造になっているはずです。そのチャートの流れをIT機能もしくはRPA(Robotic Process Automation)にインプットや学習させその回答を私たちが頂き確実な徒手操作方法で関節治療を実施できれば最強だと思う。一昔前までは、「記憶」することが大切だったが、もはやgoogleのおかげで気になることは即検索・気になる英語は即和訳が可能となっている。今では機械の方が人間の数千倍の速さで情報処理ができるようになっている有様。さらに私たちはハイスペックなiphoneというマシンを一人一台持つようになったこの現代、もう気になって確認する作業は自分の脳みそではなくiphoneのネットワーク処理を経由すれば一通りの回答は可能となっています。ただし、現時点では人の温かみや触れるて治すヒーリング能力は機械は持っていません。それを十分に発揮できればいいと思います。熟練者の経験・データをまとめてRPAに取り込むことはできないでしょうか?私の尊敬する療法士にぜひRPAを取り付け日々行っている臨床選択を全て吸収して頂き実際に行う操作ABCDE・・・・の徒手操作パターンを教えて貰えれば私たしは確実に患者が満足するphysical therapyをもっと多くの方に提供できると思うのに・・・。このプロジェクトに関わることができるのであればなんでもお手伝いします!!と勝手に一人熱くなっているので、とりあえず。会長に届くかわからないけどツイートでもしておこうかな・・・。

 

 

 

 

 

術後術後2日目

朝は喉が痛い!!

 

6:00 起床。起きるんですが、まーなんとも目覚めのスッキリしない状況。

     痛みが常にあるので、倦怠感は強い。やはり痛みを抑えながら運動療法ができる環境を作ることが必要であり、医療チームで頭痛に対して考え適切な処置を患者に実施することが大切だと心に誓いました。手術で侵襲したところはどうあがいても痛みの伝達が生じるのでその遊離アラキドン酸など抑制をかけることや下降性疼痛抑制系を賦活させいたみを和らげるなど必要だと思います。規則だだしい生活と休息でセロトニン物質の量を増やしノルアドレナリンの効果を最大限に引き出したいと思いますが・・・。骨・関節運動でこの辺の作用も生まれると良いと思うんですが・・・。

しかし、実際に関節内運動を実施することで関節周囲に存在していたスパズムや疼痛が緩和し運動療法を実施することが可能なので、関節ない運動によって緊張緩和しセロトニンノルアドレナリンの効果が引き出されているのでないでしょうか?

そんなことを考えていたら7:40分になってしまいました。

普段仕事をしている時期はこういった考えに時間をたくさん使うことができないので、今のこの時間は喉が痛くて辛いのですが、すごく楽しいです。もしかしたら扁桃腺肥大・無呼吸症候群という形で切除手術に至りましたが、体はものすごく正直ものなので、日頃のストレスが少しずつ自分の体にダメージを与え少しずつうつ状態に誘導して

いることに無意識に気づき「手術=入院」という形で強制的に休むことを選んだかもしれません。

f:id:pannchikun:20171210081137j:plain少しずつ形ある食事になってきました。扁桃腺切除なので口の開口が中々大変です。

耳鼻咽喉科の食事は整形病棟とは違って静かだとは思っていましたが、喉鼻のオペをして大声出しながら食事できる人は少ない(したくても痛くてできない)と実感しました。

15:00 薬はポンタールを使用することで痛みがかなり抑えれていました。ポンタールが効かない人もいるようです。自分は食前は必ずポンタールを服用しなけらば痛みが中々あります。嫁が持ってきてくれたインベスターZをレンタルコミックで読むことできました。投資はまだNISA程度で損きりなど売り買いを積極的に実施する事はできていませんが、2015年から開始して年1.5〜3%の利益確定をしています。株をする事はギャンブルに思われがちですが、世の中の産業やら流行りなど変化を確認することができ、子供にも株の知識やIT関連の知識に強くなり人口低下社会を強く下支えしていただけるよう関わっていきたいと思います。

 

18:30 夕食でしたが、夜の担当看護師に変更になるため、ポンタールが服用遅れて食事となりましたので、中々夕食を食べるのが辛く涙が出る状況でした。まあ、傷あとを見れは痛くて当然といった印象です。

 

22:00 消灯Abema TVのダッジチャージャーを中古で仕入れて中古で販売する番組を見たのですが、わざわざアメリカまで買い付けにいき的確に中古パーツも購入し修理しているのを見ると、世の中にはあえて古い車を欲しがる人が多くいるのだと痛感しました。しかし、この流れ一件全てに通用するように考えることができますが、古いパソコンや携帯を実際に使用して楽しみたいという人は車より少ない感じがしました。

車には現代車にはない、デザインとエンジン・ステアリングなどある意味新鮮な感触があるのでしょうか。

 

 

術後1日目(扁桃腺切除画像ありグロ画像弱い方閲覧注意)

唾を飲むたびズキズキ

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中2程度

      喉    10段階中5程度

      首筋   10段階中2程度

      頭ズキズキ

 

 

6:00 起床。体温は37.8℃でした。氷枕はいらないとNsにお伝え

6:30 歯磨き

7:00 PCに昨日のオペについて入力する。

     食事 飲み込みが痛いのなんのって拷問・・・。

f:id:pannchikun:20171210064606j:plain

7:30 痛み止めシロツプ服薬。飲み込み時の痛みさえ治ればこっちのものですが・・・。なかなかズキズキする・・・。

8:00 午前中は夜間眠れなったことも原因なのか首筋・腰と痛みが強く全身のコリが強く生じている状態でした。食事前に痛み止めをもらえるのはとても助かります。この痛みはオペによる痛みなので根性では抑えることは中かな難しい

9:00 フワーッとしていたので、ネットニュースなど見ながらふわふわしていました。

11:00 部屋移動、緊急度が減ったのでナースステーションから遠い場所に位移動となりました。

11:30 嫁と娘到着。娘は元気いっぱい。癒されますね。

12:00 食事

      昼も痛み止めをもらいましたが、ご飯を半分残してしまいました。

      やはり痛い。

13:00 食後は眠たくなるので、ウトウト。

15:00 レンタルコミックを持ってきてくれたので、久々に漫画を熟読。

18:00 食事 

      

f:id:pannchikun:20171210065132j:plain

    薬が効いていたのか、全部食べることができやった!!!!と思った矢先喉に激痛が・・・。涙を浮かべながら鎮静するまで1時間ほど過ごしました。

 

19:00 いままで積ん読していた本を読みます。

      脳科学的にはポジティブな本を読むことで前頭葉を活性化可能とありましたが、私がさっき読んだ漫画は「進撃の巨人」でしたので、とてもポジティブになれる状態ではありませんでした。

21:00 この時喉の痛みがかなり軽減しており、柔らかクッキーを一枚食べることができました。

22:00 就寝 夜間は喉の神経細胞が回復するのか、痛みに対して敏感になるようです、唾を飲み込む事は対して痛くなったのに、夜間ズキズキし起きるようになってしまいました。

 

以下、扁桃腺切除画像(グロ画像に弱い方は閲覧注意)

 

 

 

 

 

グロイ画像になりますが、実際どのくらいの切除をしたのか

イメージがつかないので写真を載せます。

 

f:id:pannchikun:20171210082431j:plain

中々でかいですよね。

喉を開口した時、今まであった扁桃がなくなっているので驚きでしたが、

腫れ上がっているのでスッキリした感じは、全くありません。