吉村聖一のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」愛知西三河

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!←と宣言し見事痛みを改善!!改善させるメソッドを編み出しました😁4月より予防医療の分野「訪問コンディショニング pain yobo」を独立起業しました😁現在は愛知県西三河地域の訪問が中心ですが,将来は全国展開しますのでお楽しみに!!

日本疼痛学会参加

おつかれさまです😁

明日から三連休が始まりますね。

私は家族サービス全く無く、ひたすら人生の勉強をしています😁✨


本日は名古屋で開催されている日本疼痛学会に参加しています。


痛みについて最新の研究報告や慢性疼痛患者への集学的アプローチについて学びました。


痛みの研究については、聴きなれない言葉、情報が多すぎて疲労しましたが、慢性疼痛患者に対するアプローチの発表は調整覚醒状態で話を聞いていました。


やっぱり興味あることは、めちゃくちゃ集中できますね😁✨


本日の収穫ですが、インターネットで腰痛っていう調べると、

腰痛の85%は原因が分からない

と出てくるんです😁

このデータはそもそも2001年のデータなんですよね。2015年に山口県の鈴木Drが大規模な調査を行なっています。

そして結果は

85%ではなく22%が非特異的腰痛(原因不明)である事を発表してくれました。


私も疑問に思っていた数値だったので、解明して本当にスッキリしました😁


今の時代はインターネットで大体の情報は収集する事ができます。

しかし、情報が一人歩きしてたり、発表された情報をネガティブに解釈して発表している事実も確かです。

新鮮な正しい情報を自分の足で集める事も大切ですね。


それでは、

今日の夜、明日と

ポジティブコツコツでいきましょう😁✨



理学療法士というサラリーマンから起業人3ヶ月を終えて

お疲れ様です。

僕はネガティブ思考に陥りやすいメンタルでしたが,ここ最近失敗を繰り返し心が何度も砕けると変な耐性が生まれてくるようです,そのおかげで気が少し楽になった(成功しなければならないと思い込む硬い人間)ので

 

失敗あっても良いさ,死ぬこと以外かすり傷

 

という考えで生きていくことができるようになりました。

もしかしたら37歳の僕に取って必要なのは失敗体験の数だったのかもしれません。失敗するのは辛いですよ。できれば失敗せずに成功し続けたい。

でも,世の中そうそううまくいかないんですよね。

 

みなさんマトリックスっていう映画ご存知です?

 


マトリックス弾除けシーン

 

20年前映画公開された時,

古い田舎の映画館で見たとき,本当に衝撃を受けました。

 

何に衝撃を受けたのか?

それは,

今自分たちが生きていると思っている空間はAIに作られた仮想世界であり,

本当の体は機械に繋がれ生きた燃料(人間の体温を機械のエネルギーとする)

として管理されていること。

👆に衝撃を受けました。なので,主人公のネオは現実世界へと覚醒する薬を仮想世界でのみ,機械に繋がれたコネクターを全て外し,本当の世界を生きることになるのです。

 

ネオには数名の仲間がいましたが,その一人は本当の世界は「美味しいものもなく楽しい事も無い,目覚めなければよかった」と嘆いています。

 

僕がみなさんに何が言いたいのかわかります?

 

マトリックスと僕の人生を重ねると,生まれてからついこの間まで仮想世界で生きていた感覚がするのです。本当の世界じゃ無い。病院の傀儡(操り人形)としてとにかく命令に対して従って我慢しお金を得て生きていく人生・・・。安定したお金が手に入ります。そのお金で美味しいものを食べることができます。旅行にいくことができます。老後の貯金ができます。でも,常に不満足感を感じていました。

 

そして僕は,3月末に病院を辞め自分だけの力で生きていく道を選んだ。まさにマトリックスのネオが本当の世界に目覚める選択と同じ行為をしたのです。

 

企業した現実世界?甘く無いですよ。厳しいですよ。辛いですよ。でも,生きている実感・成長している実感は半端なくあります。そして,自分が何者なのかパーソナライズされていく事をひしひしと感じています。

 

僕はみなさんが,どちらを選択されても良いと思います。

・会社の傀儡だが,働けて幸せだと思う人生

・個人で行動し,自分のパーソナルを売りに生きていく人生

 

ただし,どちらの生き方でも,ネガティブになったり,ストレスを溜め込んだり,痛みが続いてしまうのは良くないと思っています。体を壊す事なく楽しく生きていける方法を皆さんに見つけて欲しいと思っています。

 

会社員でも個人事業主でも体を壊さないように挑戦必要ですね。

 

 

現場からは以上でーす。

 

 

 

 

100歳の結婚式(基本内容な慢性疼痛についてです)

7月7日七夕ですが,本当に毎回曇り空だなーって思う時点で,ネガティブ思考に陥っている吉村聖一です。

 

皆さん日曜日の夜をどうお過ごしですか?

 

本日はカルピスの100歳の結婚式動画を見ていただき,慢性疼痛に対してポジティブ情報がいかに大切か説明します。

 

まずは今日のtwitterタイムラインに上がっていた100歳の結婚式の動画をどうぞ!!


水玉通信ゼクシィコラボ動画「100歳の結婚式」編

 

いかがでした?

カルピスって1919年に誕生したんですね。

100歳の夫婦の結婚式とコラボしたほっこりココロが幸せになる動画ですね。

 

私はこの動画,こんな視点で見ています。

「白が基調でココロがポジティブになる」

と率直に思いました。

 

私は長く続く腰や膝の痛みで苦しんでいる慢性疼痛専門のパーソナルコンディショニングを実施しています。

 

慢性疼痛の方は脳が痛みによってネガティブになっています。なので,今回のような動画を創作することが難しいです。さらにこのようなポジティブな動画を見るよりも,芸能人の闇営業問題や地域の事件など闇落ちする情報を無意識に収集しています。

もっと強い慢性疼痛の方は情報を自ら遮断しているんですね。

なので,これからの人生をどう生きていきたいのかが全く出てこないんですよ。

 

人間ってテレビやラジオ,家族の会話,お出かけした外の情報,ネット,SNSの情報を脳にたくさん吸収してその中から自分が好きな生き方を選択して行動しているんです。

 

でも慢性疼痛患者さんは長年の痛みによって脳内がネガティブ脳になりうつ状態になっています。だから積極的に情報を収集しないんですよね。収集していても闇系の情報を拾ってしまう・・・。

 

そこで,パーソナルなアプローチが必要なんです。

今回の100歳の結婚式のような幸せになるような動画を選択して見ていただくような生活習慣にシフトさせていく必要があるんです。

 

別に動画や情報だけではないんですよ。

リラックスするようなアロマを嗅ぐなどポジティブになれることをしていく必要があるんです。

 

まずはここから,

 

土台になるココロが形成されていないのに

運動療法をしたってリバウンドしやすいです。

 

 

明日もpositive happyで行きましょう。

 

 

 

 

 

SKY第1期生の戦い

お疲れ様です。

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある。私の仕事は失敗の連続であった(本田宗一郎

👆の格言を噛み締めながら深夜自宅に帰宅した吉村聖一です。

 

今年に入ってから本当に失敗の連続です。今までの人生が比較的淡々と自分の思うようにことが進んでいたので,現在ほど失敗し己の非力を痛感し倒れるごとに起き上がろうと必死にもがいている時期はありません。

 

どんな失敗なのか?

 

それはセミナーコンテストに挑戦し3度玉砕しました。

http://personal-brand.jp/seminar-contest/nagoya/

 

そしてことごとく惨敗。

 

人前で自分の考えを10分30分のセミナーでわかりやすく簡潔に話すことが

いかに難しいことか痛感しました。

 

つい12時間前には30分セミナーを実施しました。

f:id:pannchikun:20190707023927j:plain

f:id:pannchikun:20190707023923j:plain

👆完全に惨敗でした・・・。

 

力量・技量・場数・経験不足・・・。

f:id:pannchikun:20190707023934j:plain

👆打ち上げで笑ってない😁

 

でも,お酒が入る前に反省点はノートに書き綴りました。

くよくよはしません。

 

そして,コンテストで惨敗し立ち上がる勇気を失いそうになっている時に,支えてくれる家族や仲間の存在のありがたさを再認識することができました。

 

皆さんは最近挑戦し失敗していますか?

 

挫折していますか?

 

苦しいけど発見があります。

 

苦しいけど仲間ができます。

 

苦しいけど新たな視点が生まれます。

 

今まではなんとなく想像できたレールに乗っかって自動運転のような人生を送ってきましたが,今は全く未来が見えません。

 

未来に対するレールは自分が作って敷き詰める必要があります。

 

大変だけどどんな駅に到着するか発見ができるかもしれません。

 

自分らしさを少し引き出したいな。

 

自分なんかが会社辞めていきていけるのだろうか?

 

不安になっている方,

 

とりあえず37歳のおっさんはこれからも悪戦苦闘し続けます。

 

たまにブログをのぞいて参考にして見てください。

 

それではポジティブハッピーを目指し

 

コツコツ行動していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業3ヶ月目失敗と成功を繰り返しています。

お疲れさまです。

金曜日の夜ですね。

毎日更新していたブログですが,少し停止していました。

理由は家事・育児と企業の両立が非常に難しく,

絶妙なパワーバランスを維持させることに少し疲れてしまったことです。

私の今の目標です。

1,慢性疼痛患者の方を改善させる

2,セミナー集客を増やす

3,契約者を増やす

4,7年以内に1億稼ぐ

5,家族とうまくやって行く

です。

1は本当に課題です。理由は個人事業なので時間がきたから終了というのがないのです。総合病院勤務時代は入院期間や外来リハビリ期間が決まっていました。そのため患者が改善できていなくとも転院や退院がありました。ようするに他へ責任転嫁できたのです。しかし,現在はそうは行きません。人間は機械とは違います。ここさえ直せば痛みが改善するなんてことはないのです。その人のライフヒストリーがあり,その人特有の痛みが潜んでいるのです。毎回全力です。さらに長く苦しんでいるため闇も深いです。私のポジティブが相手に吸い取られる感覚がすごくします。このネガティブな状態を払拭しなければ・・・。と思っている状況に家事や育児,セミナーコンテストの発表原稿作りなどがありました。色々と意欲的に実施しようと思っていても,少しずつ深い闇に引き摺り込まれている感覚がありました。そのため,ブログの更新が止まっていました。

 

そして2,3です。4月5月はトントントンと調子よくクライアントと契約できましたが,私の狙っている層がそもそもかなり狭いゾーンなのです。昼間の1時〜3時の時間帯でセミナーや訪問コンディショニングを実施できる人,さらに,高齢者ではなく働き盛りの世代です。働き盛りだが慢性疼痛になっている人,我慢し続けながら仕事をしている人の痛みを改善したいのです。理由は簡単です。その長く続く痛みをほっておくと確実にネガティブになり鬱になり活動性が低下します。日本社会にとって負の要素が強く働くようになってしまうのです。若いうちから慢性疼痛を改善させ,今後悪化しないように予防する必要があると思いませんか?でも,予防分野は余程の意志がなければ継続が難しいです。そのため集客は本当に苦戦しています。失敗続きです。起業したときは「自分一人のちからでやってやる!!」と思っていましたが,そこしずつ限界があることに気がついてきた今日この頃です。同じ志を持っている仲間探しを少しずつ始めて行きたいと思っています。

 

明日もポジティブハッピーでやっていきましょう。

 

明日はSKY発表会,

http://personal-brand.jp/seminar-info/sky/

等身大のセミナーをやるだけです。

誇張や虚飾をしてもすぐバレます。

有名な人のセミナーは本当に実績があるからこそ自信を持って話せるんです。

嘘は素人にもバレます。いや,バレてほしい。

とにかく行動するだけです。

また勝つことができなかったらなぜ勝つことができなかったのか?を

このブログやツイッターやめもに書き留めて

さっさとビール飲んで嫌なことを忘れ去りたいと思っています。

 

ありのままで行動行動。

BNIについて情報をいただき自分ができるか検討してみる。

お疲れ様です。

長く辛い膝や腰の痛みお悩みの皆

明日からまた月曜日になりますので,ポジティブコツコツと実施しましょうね。

 

BNIにの情報提供を受けた件

 

みなさんBNIlって知ってますか?

bni.jp

主に個人事業を行なっている方が年会費25万を払い,お互いの持っているリストを(知り合い,顧客でもなんでも良い)週1回紹介し合う会があるようです。

僕もパーソナルコンディショニングを実施していると,この人は痛みだけが問題ではないんじゃないか?とか。思うことがあるんです。

そんな時に,「私にいい知り合いがいるので紹介しますよ」と自分が持っていない能力や技術者を紹介したいことがあるんです。

BNIはまさしくその「この人を紹介しよう」という形を会員の中で実施しているようです。

 

しかし,1週間に必ず1回は朝食会に参加しなければならない。

1週間に1回は必ず客を会員に紹介する必要がる。

月4人✖️12ヶ月=48人

 

48人の困っている人を会員に紹介することができるだろうか?

本当にプロフェッショナルな人々なので,紹介された48人の人々を自分の力だけではなく救っていることになる。

すごく魅力がある。

 

この会に参加できるかできないか検討してみよう。

 

●参加できる理由

・助け合い,紹介し合い,客も専門職に出会えて皆幸せになる

・個の力が広がり世の中が面白くなる

・起業している人々の情報を浴びる経験ができる

 

●参加できない理由

・家庭と仕事の両立を考えているので子供の送迎ができなくなる

・年間48人を紹介できるリストを検討しておく必要がある

・平日水曜必ず出席なので,気楽に休むことができなくなる。

・紹介される人が遠方だと移動に時間を必要とする。

・研修だと1日仕事になる。

・必死に紹介しまくって,年収800万何とか行くレベル。

 

本当にお金を稼ぐって感じであればBNIに即入った方がいいですね。ただ,私の理念は「努力はするが頑張らない」が信念になっています。

少しBNIはリスト探しで「頑張ってしまう」可能性があるので,今は即入会は難しいでしょう。しかし,「悩みがある人50人をリストアップ」することができれは,経営者経験として1年間ほど参加してみるのもいいのではないでしょうか?

 

まとめ

・今の僕にはBNI(顧客を週1回紹介し合う制度)はキャパオーバーになる。

・50名ほどの顧客リストアップができれば1年くらいは入会できる

・経営者としての知識やスキルを行動しながら経験する必要がある。

 

以上ですね。

18年間どっぷり医療・介護の世界にいましたので,あまりにも世界が刺激的すぎてネガティブになりそうですが,このまとめをクリアしていき,スキルアップをしていきたいです😁

 

 

 

 

 

 

 

あり金は全部使え 堀江貴文

今日は金曜日ですね。

長く続く痛みに苦しんでいる慢性疼痛の皆様お疲れ様でした。

仕事頑張りすぎませんでした?

もっとやらなきゃ!!と苦しんでいることはないですか?

失敗して落ち込んだりしていないですか?

「なんでもっと要領良くできないんだ」と悲しんでいませんか?

 

でも大丈夫です。

すべてネガティブに捉えると慢性疼痛は悪化するんでしたよね?

頑張りすぎると脳が疲弊して痛みを緩和するポジティブホルモンが出なくなります。

では楽しいことを考えましょう。

楽しいことがない?

なかったら少し勇気を出して,何か地域のイベントや交流会に参加してみませんか?

最近ではネットで様々な交流会があります。

そこで刺激を受けて夢中になるといいと思います。

 

どんな集まりでも最終的にはビジネスに繋げているパターンがあります。

例えばプロサッカーやプロバスケットボールの親子観戦チケット無料イベントなどです。

「無料だ」と喜んでスタジアムに行くとその雰囲気や楽しさ・刺激・快楽にハマってしまいます。僕も見事にハマった人間です。バスケットの試合を1000円で気楽に観戦し今では年間50万チケットグッズに使用しています。

でも,公開していません,毎日働く活力になりますし,誰かを応援することはすごく気持ちが良い,さらに本当に心から楽しめるので,試合を観戦している時間帯は痛みを全く感じません。本当に不思議です。

「良い治療費だ」くらいで考えています。

よほどひどい悪徳商法に勧誘されるのは危険ですので,まずはネットで評判や内容を確認することをおすすめします。

 

慢性疼痛の方は

真面目で頑張り屋さんです。

頑張って完璧なものを求めたり

頑張って長時間働いたり

頑張って考えを捻出したりして

疲弊し疲労し痛みが蓄積して行くのです。

それが,3ヶ月以上続く慢性疼痛なんです。

 

最近こんな本が出ましたね。

f:id:pannchikun:20190622000413j:plain

タイトルが本当にインパクトあります。

 

昔はイメージだけでホリエモンを嫌っていましたが,

今の私はホリエモン的な考えで行動してるのが事実。

 

コツコツ貯蓄して老後安泰の生活。

悪くないです。

決して悪いことでもないのに

私だったらいやなんです。

 

一番お金が必要な時期っていつですか?

一番お金を使って幸せを得る時期っていつですか?

一番お金を使って成長できる時期はいつですか?

一番お金を使って動き回れる時期っていつですか?

 

ここまで書けばもうわかるよね?

そう,若い時期なんだね。

 

なんでそんな偉そうがことが38歳の僕に言えると思う?

それは介護・医療現場で18年間

たっぷりと人間の結末を4000人以上観てきたからだよ。

 

「老後これからって時に旦那が逝ってしまった・・・」

とか

昔買うことができなかったランクルに足腰悪くなってから乗る老人

とか

「頑張って働いてきて病気になってしまった」

とか

「旅行行っても本当に疲れるし歩くの辛いし・・・」

とか

コツコツお金貯めて体酷使して不摂生して体壊して想い描いていた老後を迎えることができていない老人が本当にたくさんいます。

あと,我慢し続けてお金だけ溜め込んだ老人は話が面白くない。大抵「昔の俺はな,クラスで一番足が早かったんだぞ」と60年前の自分を自慢する。性格も猜疑心強く頑固で他人を批判することが日課になっている。

そんな老人が今後日本の3分の1以上になるんだよ?

そう,老害だらけ社会・・・。

 

楽しいと思いますか?

 

その逆に

お金を溜め込まず自分に投資していた人は

貧乏人になってはおらず

逆に金持ちになっている。

話を聞くと

「人と同じことをしていたら終わると思って行動した」

「とにかく欲しいものがあったから稼いだ」

「やりたいことが尽きない」

と非常にポジティブなんですよね。

 

65歳を過ぎてもまだまだ富みを作り出すことができる身体と精神を持ち合わせている方が多かった・・・。

 

だから

今の時代頑張らなくていいんだよ。

努力できればいい。

そして,自分に投資して自分も楽しいみんなも楽しいことを

どんどんやっていけばいいんだよ。