R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

自分の記憶に残すために

 

とある学会に参加してきました・・・。頭の整理をしたいので書きます。

 

(なぜ参加?)

・今回の学会テーマは「世界に羽ばたけ」であり内容は「各国のPTの現状」について学ぶことが期待されたため参加した。

・日本の理学療法の現状が海外とは大きく違うことを噂やネットなどで確認していたが実際に海外で働いているPTの現場の声を確認したかった。

・先進国のPTのあり方を学ぶことで将来日本のPTが目指す方向性を確認したかった。

 

(何を学んだか)

今回の学術大会ではシンポジウムとして「カナダの理学療法」「オーストラリアの理学療法」「アメリカPTの現状」「最近のアメリカPT事情見聞報告」「ネパールの現状」と4カ国の理学療法の現状について学ぶことができた。

ネパールの療法士はまだ1000人程であり今後組織編成などこれから拡大していく状態ではあったが、その他3カ国の理学療法はプライベートクリニックなどダイレクトアクセス(開業権)が認められており必要であれば療法士がレントゲン・MRIの処方も可能となっている。近年では薬の処方もできないか検討しているとのこと。その背景には理学療法士の社会的地位が確立されていることが今回の学会で学ぶことができた。アメリカでは専門療法博士Doctor of Physical Therapyプログラムが浸透しており、理学療法士免許取得には大学院卒業が必須となっている。大学院に入学し三年間履修と実習を行い、卒業し国家試験とそれぞれの州の試験を合格し晴れて療法士となることを学び日本と大きく立ち位置が違うことを痛感した。日本の医療費は40兆円を超え医療費削減が今後の対策となります。海外ではダイレクトアクセスがあるため、医者に診療する前に療法士が治療し無駄な検査や薬の処方が減り医療費削減の効果が出ているとの意見があった。介護サービス・医療サービスに従事している割合では、現在は医療が多いが今後介護サービスが増え医療より介護のサービス量が増える可能性が十分にある。そのような状況になると介護の人手が足りなくなり離職が進んでいる介護要員の補填役として年間1万人以上合格者が出ている療法士が将来的には医療従事者ではなく介護従事者となる可能性は多いにあることがわかった。

さらに問題として日本は海外と比べリハビリテーションに関心のある医師が少なくチームとして機能しない現状が医学的リハビリテーションができない現状が継続している事も学習できた。

 

 

(今後に向けて)

18日の学会を聞いて考えます(^^)

仕事が続くと痛みが出てくる

右足関節の痛み

痛みの箇所:右足関節 10段階中2程度

      左側背中 10段階中2程度

除痛対策:下肢伸展トレーニング

対策後:右足関節 10段階中2程度

    左側背中 10段階中2程度

仕事が忙しくなり

長時間ディスクワーク

その後長時間立ち仕事を実施すると足関節から痛みが出て

その後、背中に負担がくる王道パターン

そのパターンに対して

①痛み物質を抑制する薬を飲む

②立ち仕事量を減らす

③休息を入れる

④可動域訓練

⑤筋力強化訓練

☝️の方法で2週間ほど体が楽に痛みも1レベルで安定する事が

できるパターンを理解できました。(今更かよ!!)

 

私の場合はストレスを受けて

たとえば

早くこの仕事をやらないといけない

など考え力んで仕事をすると

筋緊張が高まるせいか

その後足関節背面痛が生じてしまう印象があります。

なので仕事の合間に筋緊張を抜く方法が必要です。

哲学者のニーチェなどは

散歩してリラックスしていましたが、

私の仕事は一度仕事が始まると4時間は休息取れずぶっ通しの集中が必要です。

その間に緊張が取れる方法を療法士として構築していくのが

もうすぐ10年目になる自分の課題だと思っています。

 

f:id:pannchikun:20170831070453j:plain

あと、よくいくレゴランドそばの

メーカーズピアという複合施設があり

前から

☝️写真の火があったので何だろうと思っていましたが、

広島の火だったんですね・・・。

特にそんな説明はなくひっそりと灯されていましたので

逆に心に残っていました。

ついつい

痛みのことについて考えていると自分のことばかり考えてしまいがちですが

このような

世界に訴える必要のある大切な出来事に

気づき世の中をもっと良くできる一員となれる人間に

私はなりたい。

生活動作も大切

痛みが強くなった時

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中2程度

除痛対策:下肢伸展トレーニング

対策後:右足関節 10段階中1程度

    左側背中 10段階中2程度

 

・はい、毎日の業務に追われ書類業務が全くできなかったR3です。

9月5日の骨粗鬆症教室について色々考えていきたいと思います。

痛みが出る理由の中に

日常生活の動作が原因となっている場合があります。

普段気にならず行っている生活動作でも

少し体への負荷量が増えただけで

背骨の圧迫骨折や転倒骨折など生じる事があります。

洗濯物をいつものように干していて

取り込み動作でひょいと布団を投げ入れただけで

腰骨が折れた方もいるくらいです。

あと、自宅に2Fがある人も要注意です。

もうお盆のシーズンが過ぎたので

このケースは少なくなると思いますが、

地方へ出て行った家族が里帰りで普段使用していない

布団や衣類の上げ下ろしをする際に

うっかり2Fから1Fに転倒し骨折する方も多いです。

何気ない生活の中の何気ない動作で怪我となる。

これを予防するには

普段より少し違った生活動作をする場合は注意することは

もちろんのことだが、

やはり

体の柔軟性

筋力

バランス

は非常に大事になってくると思います。

それ以外で

やはり

「痛み」

があると上の3つ全てをぶち壊すので

なんとか無くしたいものですよね。

 

 

小言

年に数回ある「あるあるネタ

 

週末は中華が食べたくなり

有名店と言われる所に行ってみました。

有名店なだけあって人が多く活気があり

店員さんも忙しそうでした。

そこで私は

天津飯ひとつ」

とお願いしたのですが、

でてきたのは

天津飯ふたつ・・・。

 

はい、私の滑舌が悪いのが原因

慢性的な鼻声が原因ですね。

予防方法として

天津飯いち」と言ったり

指で「いち」アピールしたりするんですけど

店員さんも忙しいと

ついつい

「ひとつ」と

言ってしまい

案の定ふたつ出てくる結果に・・・。

もちろん食べましたよ

ふたつとも・・・。

しばらく天津飯いらない・・。

意外と難しいスクワット

体操でスクワットとありますが・・

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中2程度

除痛対策:ロコトレ 開脚 スクワット10回

対策後:右足関節 10段階中1程度

    左側背中 10段階中2程度

今日は足首の痛みは落ち着いています。

仕事をすると背部の張り痛みは強くなるので

引き続き右足の筋力強化が必要ですね。

 

今日はスクワットです。

ロコモ予防でも結局大腿四頭筋大臀筋ハムストリングス

前脛骨筋などの下肢のほとんどの筋が使われる動作です。

ですから訓練時もよくスクワットをするのです。

実際どんな内容でしょうか

(方法)

①足を肩幅程度に開く

②踵から足先は30°ほど開く

③体重が足の裏の中央にかかるように立つ

④お尻を後方に突き出すように膝をゆっくり曲げていく

⑤膝が足先より前いでないように実施する

⑥膝の角度は90°までゆっくり屈曲させる

⑦ゆっくり膝を進展させて元の立位姿勢に戻る

f:id:pannchikun:20170822061307j:plain

☝︎1回のスクワットに10秒ほどかけて実施します。

5〜10回を1セットとして

一日3セットできるよう頑張りましょう。

 

まあこの流れが一般的なスクワットです。

それなりに体を動かしてる60代の方なら

難なくできる練習方法です。

しかし、歩行に杖を使うレベルの方に

この動作をお願いすると

結構な割合でつま先より前に膝がでていく

膝中心のスクワットになっています。

きっと生活の中で股関節の屈曲を行い

臀筋を使用する事が少なくなってしまったんでしょうね。

なので、私は手すりに立っていただき先ずはお辞儀運動から

していただきます。

意外とみんなできなくなっていますね。

f:id:pannchikun:20170822062408j:plain

☝️こんなふうに股関節屈曲ができないんです

結構な方が下のお辞儀をしています。

f:id:pannchikun:20170822062518j:plain

☝️こんな感じて猫背まっしぐらですね。

骨盤周囲の体操運動は大切ですね。

 

コツコツやるしかないんです

8月もう終わりですね

痛みの箇所:右足関節 10段階中2程度

      左側背中 10段階中1程度

除痛対策:ロコトレ

対策後:右足関節 10段階中2程度

    左側背中 10段階中1程度

   

今週は16・17・18・19日のみ仕事だったので足関節や背中の痛みは少し収まっている状況です。今後の予定としては9月5日に「骨粗鬆症教室」を勤め先で行う予定です。話す内容としては基本的にロコモティブシンドローム骨粗鬆症は含まれている事が多いのでロコモチェックをし参加者の身体機能にあったトレーニング方法を行う予定です。

今までのアンケートでも

「体操を教えてもらえたのが良かった」

「リハビリの話が一番良かった」

とコメントをいただいています。

参加者は60〜80代とかなり高いですが、

最近の高齢者も情報収集する能力は高く

「どこでそれ知ったの?」と思うような質問があります。

なのでロコモについてパワポを使用しあーだこーだ話したところで

一番満足して帰っていただけるのは

運動指導した時です。

やはり実際の動作を学んで

「明日からコツコツやろう」

と少し希望と自信をつけていただくのが良いかと思います。

結局幸せか不幸かは気持ちの持ちようだと思います。

9月5日まであと16日しかないので少し

話す内容をさらに凝縮していきたいと思います。

 

【ロコモ体操の要約】

・高齢者では関節の痛みや可動域制限が多い

・杖歩行になる場合には下肢筋力の低下、片脚立ち時間の短縮が認められる

日常生活動作が十分自立するためには片脚で体重の60%を持ち上げられる筋力が必要

・転倒しやすい人は開眼片脚起立時間が優位に短縮する

 

・片脚開眼立ち

f:id:pannchikun:20170821061036j:plain

☝️1分間を3回行う事が目安。

・バランス能力を高めるためのトレーニングであるが、筋力強化にも繋がる。

趾屈曲筋力はもとより下肢全体の筋力向上、または骨盤を支えるため体幹筋の強化になる

・大腿骨頸部の骨密度を増加させる効果もあり。

 

意外と1分の片脚立ちトレーニング高齢だと大変です。

しかし、教室に来る方は予防意識が高い人が来るわけでして

意外と片脚立位保持できている人が多い🤗

みなさんコツコツ運動も意外としている。

そう、コツコツしかないんです。

 

教室に来ないような人をどう発掘して運動へ繋げさせるか・・・

これは大きな課題です。

 

 

 

休養で痛み軽減しかし違う痛みが!!

夏休みで・・・

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中1程度

除痛対策:4日➕4日の休息

新たな痛み:肩こり(僧帽筋

 

8月は一週間毎に4日間夏休みを過ごしていました。

その間は家事育児をする必要が少なく体を十分すぎるほど休ませる事ができました。そのため背部痛や足関節痛もかなり軽減しており生活の中でなんら気にならないレベルまで痛みが低下していました。

時間も少しゆとりがあったので、一気に「ドラゴンクエスト11」をクリアしたのです。という事は長時間座り姿勢で不動状態が続き特に腕はリモコンをもち垂れ下がった状態が続きました。

その後遺症として「肩こり」が最強に強く何をしても痛みが強く生じている状況でした。

昨日は久々の出勤だったので思い体を引きづりながら仕事を開始しましたが、電子カルテが新たなシステムに変更となりかなり朝から集中する状態が続き体の痛みどころじゃない状況でした。一日が終わり帰り途中にふと気がついたのは「肩の痛みが軽減している」事でした痛みが軽減したのですが、その後はやはり背部痛と足関節痛が生じていました・・・。仕事の姿勢や右足にかかる負担を左背部が補う状態は現状の仕事をする中でどうしても生じてしまう事なのだと痛感しました。

今後は仕事で生じた痛みがどのように緩和していくか、緩和させていくべきか対策を引き続きコツコツ検討していく必要はあります。

ただ、「休養」は確実に痛みを低下させる効果はある事がこの休暇で実感しました。日本人はもっと休暇をとってもいい気がします。