R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

痛みの治療方法についてまとめ

痛みの治療方法について簡単なまとめ

痛みの箇所:右足関節 10段階中2程度

      左側背中 10段階中2程度

除痛対策:夜 開脚5分 前屈5分

       デューク更家風運動5分

     朝 腹筋60回 

対策後:右足関節 10段階中2程度

    左側背中 10段階中1程度

    勤務中は左足先に痺れ+

足首の痛みは靱帯がないからどうしても疲労が蓄積されてしまうんだろうな。

f:id:pannchikun:20170524063104j:plain

⬆️侵害受容性疼痛の種類と神経障害性疼痛の種類を表示しました。

自分の体は10年前に捻挫→靱帯断裂と「外傷」を受けましたが

10年前の怪我ですが↑の図にあるように足首の痛みは

「変形性関節症」の部類に入るのでしょうね。

これを明確にするのは

あまりはっきりさせたくなかったので避けていましたが、

「画像診断」でしょうね。

まずは一般的なレントゲンが必要ですね・・・。

近々10年ぶりに自分の関節がどう破綻しているのか

チェックしてみよう。

あと背中の痛みは神経障害性疼痛の部類に入ると思います。

これはMRIが必要ですかね・・・。

これも近々撮影してみましょうか

f:id:pannchikun:20170524063831j:plain

☝️神経障害性疼痛の治療対象と主な治療手段です

f:id:pannchikun:20170524063942j:plain

👆自分がこの9年間理学療法士を携わってきて

関わることができたのは

主に「非侵襲的治療」でしょうね。

物理療法は中々扱う機会に恵まれず・・・。

ここ数年力を入れて実施していたのは

赤枠に取り込んでしまってますが。

「関節可動域訓練」でしょうね。

関節を正常に動かすと

痛みが緩和するのは本当に現場で体感することが多いので

この手段を突き詰めて痛みをとっていきたいとは

思っていますが、現代はテクノロジーも相当進化しているので

アンテナを広げて「痛み」をとっていけるようになりたいと

考えています。