吉村聖一のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」愛知西三河

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!←と宣言し見事痛みを改善!!改善させるメソッドを編み出しました😁4月より予防医療の分野「訪問コンディショニング pain yobo」を独立起業しました😁現在は愛知県西三河地域の訪問が中心ですが,将来は全国展開しますのでお楽しみに!!

意外とわかっていない事

足の痺れ痛みについて

痛みの箇所:右足関節 10段階中2程度

      左側背中 10段階中1程度

除痛対策:何もせず

対策後:右足関節 10段階中2程度

    左側背中 10段階中1程度

    勤務中は左足先に痺れ+

ヘルニアや脊柱管狭窄症といった症状に

足の痺れや痛みがあります。

基本的にMRIにて狭窄の場所がわかり

痛みの原因が神経であると判断されたところで

手術になります。

世の中にはヘルニアが出ていても神経症状がない人も多くいルようです。

足の痺れはすぐヘルニアや脊柱管狭窄の影響だと考えてしまいますが

筋肉の疲労による痺れや線維筋痛症などまだまだ原因がわからない症状が

たくさんあるようです。

痺れも痛みが減り・緩和するの繰り返しがあり。

これが原因!!と決めつける事が出来ないのが人間の体ですね。

脊柱管狭窄症やヘルニアの神経症状があり手術になる人の特徴としては

やはり不良姿勢や過去に肩こりや腰痛のあった人に多い気がします。

緊張を抜くというのは本当に難しいですよね。

ゴルフでも緊張が少しでも入っただけでパフォーマンスが低下する事がありますし。