R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

意外と難しいスクワット

体操でスクワットとありますが・・

痛みの箇所:右足関節 10段階中1程度

      左側背中 10段階中2程度

除痛対策:ロコトレ 開脚 スクワット10回

対策後:右足関節 10段階中1程度

    左側背中 10段階中2程度

今日は足首の痛みは落ち着いています。

仕事をすると背部の張り痛みは強くなるので

引き続き右足の筋力強化が必要ですね。

 

今日はスクワットです。

ロコモ予防でも結局大腿四頭筋大臀筋ハムストリングス

前脛骨筋などの下肢のほとんどの筋が使われる動作です。

ですから訓練時もよくスクワットをするのです。

実際どんな内容でしょうか

(方法)

①足を肩幅程度に開く

②踵から足先は30°ほど開く

③体重が足の裏の中央にかかるように立つ

④お尻を後方に突き出すように膝をゆっくり曲げていく

⑤膝が足先より前いでないように実施する

⑥膝の角度は90°までゆっくり屈曲させる

⑦ゆっくり膝を進展させて元の立位姿勢に戻る

f:id:pannchikun:20170822061307j:plain

☝︎1回のスクワットに10秒ほどかけて実施します。

5〜10回を1セットとして

一日3セットできるよう頑張りましょう。

 

まあこの流れが一般的なスクワットです。

それなりに体を動かしてる60代の方なら

難なくできる練習方法です。

しかし、歩行に杖を使うレベルの方に

この動作をお願いすると

結構な割合でつま先より前に膝がでていく

膝中心のスクワットになっています。

きっと生活の中で股関節の屈曲を行い

臀筋を使用する事が少なくなってしまったんでしょうね。

なので、私は手すりに立っていただき先ずはお辞儀運動から

していただきます。

意外とみんなできなくなっていますね。

f:id:pannchikun:20170822062408j:plain

☝️こんなふうに股関節屈曲ができないんです

結構な方が下のお辞儀をしています。

f:id:pannchikun:20170822062518j:plain

☝️こんな感じて猫背まっしぐらですね。

骨盤周囲の体操運動は大切ですね。