R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

失敗でもなく成功でもなく

痛みの箇所

右足関節 10段階中0程度

左側背中 10段階中1程度 

左下肢の痺れ なし

対策  

体幹回旋運動からの前身調整 瞑想 スクワット10回 歩行20分

👆足関節の痛みは珍しく今日はない。久々の感覚だ。特に特別がことはしていないが,以前より前身の運動量を増やしたという変化はある。痛みの経過を今後も確認していこう。

 

失敗でもなく成功でもなく

 

f:id:pannchikun:20180713071057p:plain

👆昨日は「腰痛の勉強会」を企画していましたが。

問い合わせが

0件!!

だったので,借りた会議室で一人今後の対策を検討しようと考えていました。

ところが,大変嬉しいことに後輩が会に参加してくれると連絡あり。

早速2人で13時から今後の作戦会議をしました。

その後輩はMBAを取りに行っており,色々なことに挑戦しています。

更に共通する点としては

楽しく仕事がしたい!!

があり,私の知らないことを色々と教えてくれました。非常に参考になった。

30分ほど2人で熱弁していると,

どんどん

と扉を叩く音

!?

扉を開くと2名夫婦で参加しに来てくれました。

お知らせには連絡方法を記載していますが,

その部分は全く確認されず,

「直接来ました」

とのこと・・・。

人によっては

直接いけばいい

事前申し込み?何それ?

と捉えている方もいる事を念頭に置いて対処しなければ

いけないと思いました。

しかし,参加者

0件が後輩も参加していただけて

3名参加という形で私の伝えたい事をお話しできました。

この相談・勉強会は

「多くの方が痛みなく最後まで自分の好きなことを続け,毎日楽しんで生き続けること」

がテーマです。

ただ,私の実績不足なところもあるので,

参加者みなさんの協力で実績を共に作っていくことができそうです。

イメージはかなり具体的になってきました。

電気・マッサージをしてもらっていると勘違いしているリハから▶︎Your Physical therapy に変化させていくのです。

・あなたにあった治療方法 

・あなたにあったトレーニング方法

・あなたにあった運動頻度・量

・あなたにあった情報提供

・あなたにあった楽しみ

👆これですね,

これを実現するためには,参加してくれる方を何年もサポートする覚悟が必要です!!そのためには相手を知るために時間が必要です。

私が目指すところは今のところ何十人も集めて話すセミナーではない事が見えてきました。

この企画は継続し続ける必要があるので,次回の日時と参加可能人数を決定しました。

日時:2018年9月30日(日)

   13:00〜17:00

参加人数:10名

詳細は今後記載予定です。

f:id:pannchikun:20180730073611j:plain

行動行動