R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

選手としての常識を覆した高橋大輔がすごい

痛みの箇所

右足首  10段階中1

左側背中 10段階中0

左下肢の痺れ なし

対策  

・リラクゼーション

・ストレス発散

www.nikkansports.com

4年間現役から離れていて

32歳で現役復帰した

高橋大輔さん

インタビューで

「今の仕事が(コメンテーターの仕事)

本当に自分のやりたいことなんだろうかと考えた

自分の軸にはフィギュアスケートが必要」

と,もう一度自分を奮い立たせて

現役復帰した

その勇気と挑戦に

私は猛烈に感動しています。

スケートは

しなやかで体が一番動く

20代がピークだと言われています。

それでも

彼が挑戦をすることはなんでしょう?

ショート・フリー演技を終えて

195,82点

羽生結弦

ショート・フリーの最高得点は

330.43点

点数で考えたら

羽生の足元にも及ばない

それでも

挑戦するその理由はなんだろうか?

4年前に右膝のけがで

満足な演技ができなかった後悔に対して

自分なりのけりをつけたかっただろう,

何よりも

スケート演技に挑戦することが

彼は好きなのだろう。

私は思う

周りが

「ピークが過ぎた」や

「いい演技はできっこない」など

言おうが,とにかく

やりたいという気持ちがあれば

好きなことだけやればいい

と思う。

すでに私のような

おっさんが

高橋選手の行動と

演技に対して

感動して

勇気をもらっているからだ,

多様な社会

スポーツ自体も

何が何でも1位をとればいい

それが全てという価値観も

時代によって変化したっていいと思う。

1位を取る

日本がメダルを何個手に入れたかという実績

確かに大切だと思う

でも

オリンピックなどの大会は

大勢の人間が

世界規模で

共同体感ができる

特別なイベントだ。

みんなで

応援し演技を楽しむ

願う一体感を感じる

その経験をしたくて

人々は

大枚をはたいて

オリンピックの準備をしている。

1位を取れない選手が

スケートが好きだから

続けたいから

挑戦する。

これは今までの

スポーツの流れに逆らい

新しいスタイルの

挑戦方法と

感動を与える出来事だと思う。

人生100歳時代に突入している日本

20代が一番輝けるピークとして

定着していては

65歳以上が3分の1もいる日本は

衰退した人間がうじゃうじゃいる

価値のない国家と考えられてしまう。

私はそうは思わない。

たとえピークが過ぎたとしても

やりたいことに挑戦する

多様性を引き出す

人々に感動を与える人間が

多く輩出される国家

それが

私たちの住む日本!!

とこれからはなっていくはずだと期待している

だから

今回の高橋選手の復帰戦は

最高に感動している。

ありがとう。

 

 

行動行動