R3のblog「背中の痛み!取ってやるからな!」

10年前に右前距腓靭帯断裂し保存経過観察中です。痛みが出る今日この頃・・・痛みを取れる手段を探します!

思考が停止した時は他者の貴重な時間を頂戴しよう

思考が停止した時は他者の貴重な時間を頂戴しよう

 

今日は年休でしたが

自主トレ原稿の修正について

根本的に

認識違いをしていた為

上司の貴重な時間を頂いて

軌道修正をしてきました。

現在書いている原稿は

自主トレを使用した具体例なので

参考文献を

個人が

「脊椎疾患とはこうである!!」

と強く定義している内容を

チョイスしてしまうと

少しマニアックというか

話が深くなってしまう。

自主トレ方法を

広く浅く説明する原稿なので

その際に利用すべき

引用元は

理学療法ガイドラインなどの

スタンダートな内容が良いようだ。

jspt.japanpt.or.jp

 

7つの習慣特装版「ウィークリー・チャレンシ?」付属

7つの習慣特装版「ウィークリー・チャレンシ?」付属

 

 👆の本では

人間はインサイドアウト

根本的な変化をしないといけないよう

要するに内側から変化し

今まで知らなかった物の見方ができるよう

変化する必要があります。

自分一人では

どうしても思考が固まり

1つのパターンでしか物事を解釈できず

考えても考えても

時間だけが経過し

緊張とストレスが溜まり

ドツボにハマるだけだ。

完全に思考停止状態に陥る事が

皆さんもあると思います。

こうなった時は

本当に申し訳ないと思い

潔く上司や仲間の時間を頂戴しましょう。

今の考えを率直に伝える。

聞き手は緊張も少なく

多角的な思考で確認できるので

「これってこうでしょう?」

「なんでそう捉えてんの?」

と私が気付けない視点を教えてくれます。

相手の時間を奪ってしまうが

このような経験を

繰り返すことで

失敗し考えプランAがダメなら

プランBを考えることで

思考・行動・経験の幅が広がる

成長のために

未知のことに挑戦することは

人生を豊かにしてくれますね。

きっと楽しさもそこにはあるはず。

普段やらない事に手を出すということは

必ず失敗や苦労が伴うはず

完全なミスでなくとも

自分の欠点を正当化せず

間違いを犯したらすぐに認め

その経験を教訓として

行動していけばいいと思う。

 

行動行動